システムエンジニアにとってのクライアント

システムエンジニアの一般的なIT企業における仕事は幅広い範囲を担うことになります。クライアントが抱えている現実の問題や実現したい内容についてのヒアリングから始まり、それを情報技術を用いて解決する方法を考えて提案するのがスタート地点です。

そして、クライアントの納得を得ることができたらそれをシステムの言語に落とし込んで企画書や仕様書を作成し、プログラマにプログラムの構築を依頼するという流れになります。現場によってはプログラムの制作も担うことになる場合もあります。そして、構築されたプログラムをもってクライアントのもとでテストを行い、納品を行って仕事を負えることができるのです。こういった一連の仕事を担うこがシステムエンジニアであるため、ビジネストークの力から技術力に至るまで幅広くカバーできなければならない業種であるといえます。

こういった能力の高さが要求されるものの、クライアントから仕事を引き受け、完成物を引き渡すというところでクライアントの満足を目の前で得ることができます。これがシステムエンジニアとして働くことの魅力の一つであり、自分で築き上げてきた成果を目の当たりにすることができるのです。また、社会の基盤を為す情報技術を駆使したシステムの構築を行うという側面から、開発したシステムが身近な場所に登場することもあり、それを実感できるという点が大きな魅力となり仕事の原動力となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です